映画「夢ばかり、眠りはない」上映+トークイベント、広報用テンプレートです。
blogなどでのイベントの告知の際にお使いいただけると幸いです。



【ロングバージョン】

===================================================

映画「夢ばかり、眠りはない」上映+トークイベント

===================================================

ある女性映像作家が残した日記とビデオテープ。そこには、
2008年に起きた秋葉原無差別連続殺傷事件によって壊れていく
ひとりの人間の姿があった。「昨日、君の夢を見たよ――。」
彼女は眼前の風景に、容疑者Kが見ていたかもしれない景色、
そして親友のKと共に見た景色を重ね合わせながら、茫漠とした
郊外を彷徨い歩く。現実と虚構が入り交じった、夢のように
儚い風景映画。事件から2年の時を経てついに公開。

===================================================

僕がこの作品に凄いと思う一点は、見事な視点の感覚と膨大な
彷徨で「場所」を映し続け、その「無意味さ」、あるいは「こ
の空虚で荒廃した世界で幽霊のように彷徨っている自分」の孤
独と恐怖を徹底して体験させ、そしてそれが酒鬼薔薇事件や加
藤事件のような暴発に至る心境にまで追い詰めていく、その映
像の説得力である。(藤田直哉 SF・文芸評論家)

===================================================

■上映情報
□開催日:2010年6月14日(月)
□時間:開場18:30、開演19:00(トーク21:00〜)
□料金:当日1500円、予約1300円(ドリンク代込み)
□場所:UPLINK FACTORY
 東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F UPLINK FACTORY
 http://www.uplink.co.jp/factory/
□ウェブサイト:http://yumenemuri.web.fc2.com
□お問い合わせ:qspds996@gmail.com

===================================================

■予約
このイベントへの参加予約をご希望の方は、
(1)お名前(2)人数(3)住所(4)電話番号
以上の要項を明記の上、件名を
「予約/『夢ばかり、眠りはない』上映会」として、
qspds996@gmail.comまでメールでお申し込み下さい。

===================================================

■トークイベント「映像の身体、郊外の映画」(21:00〜)

渡邉大輔(映画研究者)×藤田直哉(SF・文芸評論家)
×佐々木友輔(「夢ばかり、眠りはない」監督)

上映終了後は、郊外や地方の問題や、そこから生まれる「セカイ
系」的な想像力を持った作家を論じている藤田直哉氏、そして、
疑似ドキュメンタリー映画などの考察から現代の新しい映像表現
やリアリティについて論じている渡邉大輔氏をゲストに迎え、本
作が提起する問題についてより深く議論します。

===================================================

■作品情報
□タイトル:夢ばかり、眠りはない
□メディア:DV/上映時間:113分/制作年:2010年
□キャスト・スタッフ:
 制作:佐々木友輔
 日記と撮影:佐々木累
 朗読:小林千花
 音楽:田中文久
 撮影協力:石塚つばさ、豊永純子
 主題歌:Swallow Heads「火の禽」
 画像提供:門眞妙「だけど、忘れられる」
 ウェブサイトデザイン:伊福紗代
 フライヤーデザイン:石塚つばさ

===================================================

■監督:佐々木友輔(ささきゆうすけ)
1985年神戸生まれの映像作家。高校時代に、携帯電話のメール
送受信を撮り続けた映画「手紙」でイメージフォーラムフェス
ティバル2003の一般公募部門大賞を受賞。その後は映像表現を
中心に、アートプロジェクトや舞台芸術など様々な領域を横断
して活動している。主な上映・展示に、バンクーバー国際映画
祭、ロッテルダム国際映画祭、ロンドン映画祭、平山郁夫賞 受
賞顕彰展 「デジャメーヴユ 既/未視感」など。現在、東京芸術
大学大学院 博士後期課程(先端芸術表現専攻)に在籍中。
ウェブサイト→http://qspds996.exblog.jp/

===================================================

 




///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 




【ショートバージョン】

===================================================

『夢ばかり、眠りはない』上映+トークイベント

■イントロダクション
ある女性映像作家が残した日記とビデオテープ。そこには、
2008年に起きた秋葉原無差別連続殺傷事件によって壊れて
いくひとりの人間の姿があった。「昨日、君の夢を見たよ――。」
彼女は眼前の風景に、容疑者Kが見ていたかもしれない景色、
そして親友のKと共に見た景色を重ね合わせながら、茫漠と
した郊外を彷徨い歩く。現実と虚構が入り交じった、夢のよ
うに儚い風景映画。事件から2年の時を経てついに公開。
上映後は批評家の藤田直哉氏と渡邉大輔氏をゲストに迎えて
トークを行います。

■開催日:2010年6月14日(月)
■時間:開場18:30、開演19:00(トーク21:00〜)
■料金:当日:1500円、予約:1300円(ドリンク代込み)
■メール予約:
(1)お名前(2)人数(3)住所(4)電話番号
以上の要項を明記の上、
件名を「予約/『夢ばかり、眠りはない』上映会」として、
qspds996@gmail.comまでメールでお申し込み下さい。
■ウェブ:http://yumenemuri.web.fc2.com

===================================================




///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////




【改行無し/ロングバージョン】

===================================================

「夢ばかり、眠りはない」上映+トークイベント

===================================================

誰でも良かった。
そして、どこでも良かった。
秋葉原無差別連続殺傷事件を題材にした映画。
容疑者Kが見ていたかもしれない景色、
そして「あなた」と共に見た景色を辿る旅。

===================================================

ある女性映像作家が残した日記とビデオテープ。そこには、2008年に起きた秋葉原無差別連続殺傷事件によって壊れていくひとりの人間の姿があった。「昨日、君の夢を見たよ――。」彼女は眼前の風景に、容疑者Kが見ていたかもしれない景色、そして親友のKと共に見た景色を重ね合わせながら、茫漠とした郊外を彷徨い歩く。現実と虚構が入り交じった、夢のように儚い風景映画。事件から2年の時を経てついに公開。

===================================================

僕がこの作品に凄いと思う一点は、見事な視点の感覚と膨大な彷徨で「場所」を映し続け、その「無意味さ」、あるいは「この空虚で荒廃した世界で幽霊のように彷徨っている自分」の孤独と恐怖を徹底して体験させ、そしてそれが酒鬼薔薇事件や加藤事件のような暴発に至る心境にまで追い詰めていく、その映像の説得力である。(藤田直哉 SF・文芸評論家)

===================================================

■上映情報
□開催日:2010年6月14日(月)
□時間:開場18:30、開演19:00(トーク21:00〜)
□料金:当日1500円、予約1300円(ドリンク代込み)
□場所:UPLINK FACTORY
 東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F UPLINK FACTORY
 http://www.uplink.co.jp/factory/
□ウェブサイト:http://yumenemuri.web.fc2.com
□お問い合わせ:qspds996@gmail.com

===================================================

■予約
このイベントへの参加予約をご希望の方は、
(1)お名前(2)人数(3)住所(4)電話番号
以上の要項を明記の上、件名を「予約/『夢ばかり、眠りはない』上映会」として、qspds996@gmail.comまでメールでお申し込み下さい。

===================================================

■トークイベント「映像の身体、郊外の映画」(21:00〜)

渡邉大輔(映画研究者)×藤田直哉(SF・文芸評論家)×佐々木友輔(「夢ばかり、眠りはない」監督)

上映終了後は、郊外や地方の問題や、そこから生まれる「セカイ系」的な想像力を持った作家を論じている藤田直哉氏、そして、疑似ドキュメンタリー映画などの考察から現代の新しい映像表現やリアリティについて論じている渡邉大輔氏をゲストに迎え、本作が提起する問題についてより深く議論します。

===================================================

■作品情報
□タイトル:夢ばかり、眠りはない
□データ:
メディア:DV/上映時間:113分/制作年:2010年
□キャスト・スタッフ:
制作:佐々木友輔/日記と撮影:佐々木累/朗読:小林千花/
音楽:田中文久/撮影協力:石塚つばさ、豊永純子/
主題歌:Swallow Heads「火の禽」/画像提供:門眞妙「だけど、忘れられる」/
ウェブサイトデザイン:伊福紗代/フライヤーデザイン:石塚つばさ

===================================================

■監督:佐々木友輔(ささきゆうすけ)
1985年神戸生まれの映像作家。高校時代に、携帯電話のメール送受信を撮り続けた映画「手紙」でイメージフォーラムフェスティバル2003の一般公募部門大賞を受賞。その後は映像表現を中心に、アートプロジェクトや舞台芸術など様々な領域を横断して活動している。主な上映・展示に、バンクーバー国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭、ロンドン映画祭、平山郁夫賞 受賞顕彰展 「デジャメーヴユ 既/未視感」など。現在、東京芸術大学大学院 博士後期課程(先端芸術表現専攻)に在籍中。ウェブサイト→http://qspds996.exblog.jp/

===================================================




inserted by FC2 system